豚の?マーク

コミュニケーション力で生産性UP! 「働き方改革プログラム」3つのポイント【質問力UP編】

「働き方改革プログラム」で、社員のモチベーションや能力アップ

経営者や管理職の方の多くは「もう少し生産性が上がらないだろうか」「社員のモチベーションや能力をUPさせるにはどうしたらよいのだろうか」と悩まれていることと思います。

そこでおすすめしたいのが、ホロスブレインズの「働き方改革プログラム」です。すでに多数の企業様が導入され、大きな成果を上げています。このプログラムがなぜ人気なのか。なぜ確かな効果をあげられるのかを、簡単にお話いたしましょう。

すべての土台はコミュニケーション力

ホロスブレインズの「働き方改革プログラム」では、主にコミュニケーション力の向上を目指して、その意味を学び、スキルを磨きます。

というのは、すべての土台は「コミュニケーション力」だと考えるからです。ビジネスには必ず相手があります。どんなに能力がある人でも、取引先があり、お客様があり、上司があり、部下があり、人とのかかわりの中で成果を上げていくものです。周囲からの協力があってはじめて実績につながると言えるでしょう。

さまざまな人とのコミュニケーションが潤滑に出来なければ、仕事をうまく進めることはできません。そこで、「働き方改革プログラム」では受講者にコミュニケーション力をアップさせる方法を学んでもらうのです。

相手が何を求めているかを知るための質問力を身につける

コミュニケーション力には3本の矢があります。この3本の力をすべてアップさせると、コミュニケーション力が格段に上がります。

そのひとつ目は、「質問力」です。営業職はもちろん、その他の職種でも「相手が何を求めているのか」をきちんと把握することが、仕事をするうえでとても大切です。相手の求めるものを理解して初めて的確な提案ができるのです。

ホロスブレインズの「働き方改革プログラム」では、プロの交渉人が使う交渉のテクニックを学び、相手の深いニーズを的確に把握するスキルを身につけます。

やってはいけない質問ポイントも学びますので、今までうまく相手のニーズを引き出せなかった理由もおのずとわかってきます。改善のポイントを理解することで、質問力が格段にアップするのです。

コミュニケーション力の3本の矢、次回は「プレゼン力」についてお話しします。

働き方改革推進プログラムについて詳しく知りたい方はこちら>

  1. 研修受講中の男性
  2. 記憶j術体験セミナー
  3. ホロス47

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP