びっくりネコ

何でそんなに覚えられるの!? 記憶術セミナー体験会レポート!【前編】

ホロスブレインズのセミナーの代表選手である「記憶術セミナー」。今回はこのセミナーの体験会に実際に参加した方のレポートを前後編に分けてご紹介します。内容についてもしっかりお伝えする、生のレポートですので是非ご参考になさってください。

今回記憶術セミナーの体験会に参加したのは、50代の女性。それなりに頭も使う仕事をしているものの、記憶力が年齢とともに低下しているのを実感している今日この頃だったそうです。さて、どんな体験になったのでしょうか?

実は、参加するときは半信半疑でした。だって「記憶術」って、なんだか怪しげですよね?そんな魔法みたいな話、あるのだろうか?と思ったのです。記憶力は、学生時代は決して悪くはなく、暗記も苦手ではありませんでした。でも、年齢とともに暗記しなければならない状況もなくなり、気付くと記憶力はどんどん低下しているようでした。

体験会は伊東先生の軽快なトークで始まり、会場はずっと笑いに包まれている感じでした。それもそのはず、先生はかつてお笑い芸人を目指したこともあるそうで、本当にお話が面白く、人を引き付けるのです。

記憶力が、いかにビジネススキルをはじめとする、能力開発に不可欠かということも、脳科学に基づいて説明されると、とても納得でき。腑に落ちました。それでも、そんな能力が自分につくということはどうにも信じられませんでした。

私の隣の席には、お母様に連れてこられた受験生の男の子がいらして、やはり半信半疑の様子。最初は「大切な受験勉強の時間を割いてこんな体験会に参加して意味があるのだろうか?」というような、ちょっと不満そうな表情で受講していました。

体験会の前半で、まずは受講者が20個の単語を覚えるというテストをします。先生が挙げる20個の単語は、誰もが知っているもの。でも、何の脈絡もなく関連もないものです。私はさび付いた記憶力をフル回転させ(たつもりで)覚えましたが、せいぜいが10個ぐらいしか記憶できず、やはりそんなものかとがっかりしました。

そして次は伊東先生が記憶する番です。受講生の私たちが、思い思いにあげた20個のバラバラの単語に番号をつけて、先生は記憶していきます。その後、すぐにではなく、5分ほど別のお話を聞いたあとで、おもむろに先ほど覚えた単語を披露してくれました。ひとつも間違えず、順番通り。そして、次には順番を後ろから。さらに、「5番は?」「ひまわり畑」「風鈴は?」「13番」というように、ランダムに番号と単語を聞いても一度も間違えずに答えられるのです。びっくりしました。

いや、でも20個なら記憶力の良い人なら覚えられるかもしれない。とも思いますが、2日間の記憶術セミナーを受ければ70歳以上の方でも200個の単語を覚えることが出来るというのです。本当でしょうか?ここまではまだ私も半信半疑だったのです。

…記憶術セミナーの体験会レポートの前半、いかがでしたか?ちょっと後半が気になってきませんか?次のレポートでは、参加者の驚きの体験の続きをご紹介します。お楽しみに!

記憶術セミナーについて詳しく知りたい方、まずは体験会に参加してみたい方はこちら>>

今後の開催案内が欲しい方はこちら>

  1. ホロス27
  2. めがね

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー・体験会・説明会最新情報

  1. 記憶術ちょっといい話
  2. ホロス65

記憶術セミナー のご案内

  1. 記憶術ちょっといい話
  2. ホロス65
PAGE TOP