脳 手のひら

自転車のことを考えると自転車愛が増す?「愛着と記憶の関係」オモシロ研究報告vol3

脳や心、記憶や精神のメカニズムはまだまだ解明されていない部分が非常に多い分野です。世界中でさまざまな研究や実験が行われ、新しい発見や古い情報の修正がされています。今回はそんな数々の研究の中から、記憶に関係のある研究報告についてお話します。

モノに関する記憶の想起が愛着意識に及ぼす影響

「モノに関する記憶の想起が愛着意識に及ぼす影響」、これが今回お話する研究のタイトル。愛媛大学大学院理工学研究科羽鳥氏をはじめとする4人のチームで研究が行われました。なにやら難しいタイトルですが、わかりやすく言うと、「モノについて記憶を思い起こすとで、そのモノに対する愛着が増すのではないか?」という研究です。

研究チームは、対象として「自転車」を選んで実験研究を行いました。アイテムとして「自転車」が選ばれた理由は、比較的多くの人が所持していること、免許などなくても誰でも乗れること、持ち主により操作性があり「モノ」と「人」の一体感があることなどです。

また、研究結果が放置自転車の増加などによる社会問題の解決の糸口になるのではないか?という期待も自転車が研究対象のアイテムとして選ばれた理由です。

実験の方法は?

実験は、無作為に選ばれた3000名に郵送で調査票を送るという方法で行われました。(回答があったのはそのうち1046名。)調査票で、半分の人には自転車に関する記憶を想起させる質問を設けたパターン、残りの半分の人には設けないパターンを送りその差を調査しました。

自転車に関する記憶を想起させる調査票では、調査票のはじめに「これからあなたが持っている自転車について考えていただき、その上で質問に答えていただきます。」と自分の自転車を思い浮かべる設定になっています。

続く項では、自転車について考えてもらうために、自転車の色やベルやライト、カゴの有無などについて回答してもらいます。さらに、その自転車についての一番古い記憶と自転車を利用した際の楽しかった記憶について自由記述で回答してもらいました。

対照するためのもう半分の調査票には上記のような記述は一切ありません。そのうえで、全体に対し下記の質問に「全然そう思わない」から「とてもそう思う」までの5段階で回答してもらいました。
・今の自転車を大切にしたいと思う
・今の自転車をずっと使っていきたいと思う
・今の自転車がスクラップになるのは悲しい
・今の自転車には愛着がある
・今の自転車が好きだ
・今の自転車が気に入っている
・今の自転車に乗るとリラックスできる

果たして実験の結果は?

気になる調査の結果はどうなったのでしょう!結果として、調査票のはじめに自転車に関する記憶を想起させる質問を設けた方が、自転車への愛着を示す回答が多いという結果が得られました。その差は5%。このような調査においては十分に差があると認められる数字です。

つまり、「モノについて記憶をたどり、そのモノの事を思い出す」ことは「モノへの愛着が増す」ことにつながるという事がわかったというわけです。

人間の記憶と愛着に関係があるなんて面白いですね。記憶に関する面白い話はまだまだたくさんあります。記憶力アップや脳のシステムに興味のある方は、ホロスブレインズの「たった1日で記憶力が改善するすごいセミナー」記憶術セミナー」を是非体験してください。脳についての「なるほど~」な話がたくさん聞けますよ!

記憶術セミナーについて詳しく知りたい方、まずは体験会に参加してみたい方はこちら>>

今後の開催案内が欲しい方はこちら>

  1. 脳 AI
  2. ホロス70
  3. ホロス41
  4. 女の子
  5. PDCA

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー・体験会・説明会最新情報

  1. ホロス45

記憶術セミナー のご案内

PAGE TOP