側坐核が活発な人は嘘つき?「正直者と嘘つきの脳の違い」オモシロ研究報告vol.2

脳は非常に複雑な器官です。脳の機能やシステムは、いまだに全容が解明されておらず日々研究がすすめられていますが、さまざまな研究からは驚くような新しい事実も発見されています。

今回ご紹介するのは、2004年に「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に掲載された京都大学「こころの未来研究センター」の阿部修士准教授による「嘘つきと側坐核の関係について」の研究結果です。

側坐核が活発な人は嘘つき?

まず、研究の結論から言ってしまいましょう。「側坐核が活発な人は嘘つきな傾向にある」…ちょっと聞き捨てならない話ですよね?自分の側坐核が活発なのかどうか、それが他人にもしわかってしまうならちょっと嫌だし…などと考えてしまいます。

ご安心ください。側坐核が活発に活動しているかどうかは、他人からはわかりませんから。

また、側坐核が活発に活動する「嘘をつきやすい」傾向にある人が、理性を保って正直に行動しようとすると、脳の「背外側前頭前野」の動きが活発になることも同時にわかりました。
側坐核の活動の個人差によって、人間の正直さ、不正直さがある程度決まることを示したこの研究は、世界でも初だそうです。

金銭報酬遅延課題とコイントス課題

さて、いったいどんな実験で研究が行われたのでしょう?わかりやすく説明します。

ひとつめの実験は、「金銭報酬遅延課題」という実験です。
画面にとても短い間、正方形が現れ、その瞬間にボタンを押すことができれば、報酬(金銭)がもらえるという実験です。側坐核は報酬に期待が大きいと、活発になりますので、この実験の時に側坐核の活動が活発になった人ほど報酬(金銭)への欲求が大きいと言えます。

ふたつめの実験は「コイントス課題」です。
コインの裏表を当てるゲームのようなテストです。はじめに裏と表どちらが出るか予想して、実際にコインを投げて当たったら報酬(金銭)がもらえ、はずれたら逆にお金を失うというテストをします。

この時、ふたつのパターンでテストをします。ひとつのパターンは、予想を紙に書いてからコインを投げる「嘘をつけない」テスト。もうひとつは、予想は心の中だけで思う「嘘をつける」テストです。嘘をついたかどうかは、正解率が偶然の確立を上回っているかどうかで判断しました。

嘘をつく傾向がばれちゃう?「側坐核」の活動と嘘の関係

このふたつの実験により、ひとつめの実験で、側坐核が活発に動いた「報酬への期待が大きい人」ほど、ふたつめの実験で「嘘をつく」傾向があるという結果が導き出されたのです。

側坐核が活発に働いていても、正直な答えを出した場合には、理性的な判断や行動の制御に重要な領域である「背外側前頭前野」が大きく働いていることもわかりました。「正しい行動をしよう」と理性を働かせて報酬への欲求を押さえていると考えられます。

側坐核と、嘘、そして理性の関係が明らかになったこの研究。側坐核が活発な人が「嘘つき」なわけではないことは、前述の結果でもわかりますがこれも脳の活動の計測で判明しているところが興味深いです。

脳の働きはまだまだ神秘に包まれています。これからも日々研究が進み、新しい発見があることでしょう。

ホロスブレインズでは最新の脳科学にもとづいて、論理的に記憶のテクニックをレクチャーする記憶術セミナー「「たった1日で記憶力が改善するすごいセミナー」を開催しています。脳について、記憶についてもっと知りたいなら、是非セミナーを体験してください。

記憶術セミナーについて詳しく知りたい方、まずは体験会に参加してみたい方はこちら>>

  1. ホロス30
  2. ホロス70

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー・体験会・説明会最新情報

  1. ホロス45

記憶術セミナー のご案内

PAGE TOP