中小企業の強い味方!社員のスキルアップを実現する助成金活用術~②手続き編

ひとくちに「社員教育」といっても、いざやろうとするといろいろ考えてしまうもの。「うちの社員は、やればできるはずなんだけど、どうしたらやる気にさせられるんだろう?」「あまりうるさくいうと、かえってやる気をなくしそうで、どう指導したらよいのか…」。そんな悩みを抱えながらも、研修などを実施するところまでは手がまわらず、日々の営業に奔走している中小企業のオーナーも多いのではないでしょうか。

それは、半分はアタリマエです。企業のオーナーは、それぞれの業種においてはプロフェッショナルですが、教育の専門家ではないのですから。効果的な社員教育の内容については、その道のエキスパートに相談したほうがいいでしょう。前回の記事で紹介した「人材開発支援助成金」制度を活用すれば、ゼロ円で研修を実施することができます。「費用がかからない」と聞いても、経営者のみなさんは、興味半分、懸念半分なのではないかと思われます。「助成金申請は、手続きが面倒なのでは?」「研修の導入を推進できる社員がいない」…そういった企業様も多くいらっしゃるかと思います。しかし、これらはすべて、ホロスブレインズにおまかせいただけます!

確かに、助成金申請の手続きを、自分たちでやるのはかなり大変です。厚生労働省が公開している申請手続きの流れを理解して、数多くの書類を用意しなければなりません。登記簿謄本、就業規則、雇用保険番号、雇用契約書、過去1年分の離職票、ヒアリングシート…。申請書類は社会保険労務士に作成してもらわなければなりませんが、日頃からつき合いがある方がいなければ、助成金申請の経験が豊富な事務所を探さなければなりません。

しかし、ホロスブレインズに一連の業務をおまかせいただければ、全面的にサポートさせていただきます。社会保険労務士のアサイン、申請書類の抜け漏れのチェックなどをスムーズに進め、御社の社員の負担は最小限。「営業力強化研修」「マネジメント研修」「トレーナー研修」など幅広い研修実績があるホロスブレインズなら、研修のプログラム企画も実施までの準備も、御社の意向に沿う形でサポートできます。オリンピック選手団も導入した研修は、営業メンバーの強化や社員のモチベートなど、組織の活性化に寄与するのではないかと自負しております。

助成金を活用すれば、ゼロ円で社員の意識改革や業績UPが実現。社員に過大な負担を強いることなく、研修を実施できるなら、ぜひやってみたいという経営者も多いのでは?詳細については、ホロスブレインズ公式サイトをご確認ください。

  1. 記憶j術体験セミナー
  2. 緑の123
  3. 星3つ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP