開始は1年後!「プログラミング教育」の目的とは?【HB通信vol.006】

2020年、東京オリンピックの開催が待っています。
と、同時に、小学校で「プログラミング」が必修化されることはご存知でしょうか?

最近ではスマホやPCはもちろん、家電もIT化が進み、
ITと生活は切っても切れないものとなっています。
そんな中で、IT人材が不足していることが、この必修化の背景の一つです。

ただ、目的はプログラマーを育成することではありません。
「プログラミング的思考」を身に付けた人材を育てることが目的です。

プログラミングの過程には、
・「〇〇を●●したい!」という想い、目標設定
・「まずはAして、次にBして…をしたら出来るのでは?」という細かく分けて段階をふむ力
・「前の方法ではうまくいかなかったから、別の方法ならどうだろう?」という試行錯誤
・「コンピュータが分かる言葉で1つ1つ教えてあげよう」という伝える力
・「できた!うまくいった!」という達成感、成功体験
が含まれます。

「プログラミング的思考」とは、
コンピュータを動かすのに必要なプログラミングを通して養う、理論的思考力を言います。
さらには、プログラミング自体には携わらなくても、それをマネジメントする立場として持っていると仕事が円滑になる力です。

小学校の授業で実際に行うことは、PCに向かって難しいコードを書くことではなく、
あくまでプログラミングを通じて各教科への興味を広げ理解を深めること。

ただ、お子さんをお持ちの方でも、プログラミングの必修化を知らない方は多く、知っていても「PCに向かうより他のことを学んでほしい」という声もあります。

目的自体は良いものだと思いますので、あとは現場がどこまでしっかりと運営できるか?というところかもしれません。

■トピックス■
「誰かの成長に関わるのが好き!」~ホロスブレインズ講師廣江淳哉インタビュー【前編】

「誰かの成長に関わるのが好き!」~ホロスブレインズ講師廣江淳哉インタビュー【前編】


「物事をやり抜く」ための脳のトリセツ34【1】

「物事をやり抜く」ための脳のトリセツ34【1】


記憶力UP!で解決に近づく4つの悩み【モチベーションUP編】

記憶力UP!で解決に近づく4つの悩み【モチベーションUP編】

■イベント情報■
1) 【締切迫る!】記憶術セミナー体験会『「やる気スイッチ」の見つけ方』セミナー
[日時] 東京5月・2019/ 5/21 (火) 18:30~20:30
[参加費] 1,000円(税込)
[ご案内] 東京5月・https://holos-brains.jp/blog/semminer_new/abs_demo_201905/
※FP継続教育単位対象(倫理2.0単位)です。

2) 記憶力・印象力・巻き込み力のトリセツ1Dayセミナー
2日間で開催していた「記憶術セミナー」を濃縮!試験やビジネスや日常ですぐに役立つプログラム。
[日時] 名古屋・2019/7/6(土)、東京・2019/7/27(土)、京都・2019/7/30(火)
[参加費] 30,000円(税込) ※2名以上の同時申込で割引あり
[ご案内] https://holos-brains.jp/personal/kioku/

学びに役立つ情報と最新情報を配信中!メルマガ登録はこちらから>

 

  1. 廣江さん
  2. ホロス37

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP