そもそも問題文が読めないという壁【HB通信vol.003】

人生100年時代。
AI(人工知能)などが、仕事のカタチを変えていく様子を、
私たちは目にしていますね。

お子さんをお持ちの方だったら、
「将来、どんな仕事が『稼げる』のだろう」なんて思うこともありませんか?

東大合格を目指すロボット「東ロボくん」。
それを開発した新井紀子氏は、全国2万5000人の中高生の基礎的読解力を調査し、3人に1人がかんたんな問題文が読めないことを示して日本社会に衝撃を与えました。

それを受けて、開発すべきは問題が解けるロボットよりも、
日本人の日本語力、読解力を向上させる仕組みだと気付いてしまったそうです。

今の段階で「東ロボくん」は読解が苦手で、英語や国語の文章題でうまく回答が出来ないことがあるそうですが、この発見は今後子育てにおける教育、学校における教育、会社における教育などでも、頭に入れておかなければならないことではないでしょうか。

「稼げる」つまり「自分が必要とされる」ためにも、「うまく伝えられる」「うまく受け取る」というトレーニングも必要となってきているようですね。

■トピックス■
成功者のアドバイスで成功しない3つの理由【前編】

成功者のアドバイスで成功しない3つの理由【前編】


成功者のアドバイスで成功しない3つの理由【後編】

成功者のアドバイスで成功しない3つの理由【後編】

■イベント情報■
1) 記憶術セミナー体験会『「やる気スイッチ」の見つけ方』セミナー
[日時] 東京2月・2019/ 2/22 (金) 18:00~20:00
東京3月・2019/ 3/18 (月) 18:00~20:00
[参加費] 1,000円(税込)
[ご案内] 東京2月・https://holos-brains.jp/blog/semminer_new/abs_demo_201902/
東京3月・https://holos-brains.jp/blog/semminer_new/abs_demo_201903/
※FP継続教育単位対象(倫理2.0単位)です。

2) 記憶術セミナー
資格試験合格、営業力アップ、アンチエイジングに役立つ2DAYセミナー
[日時] 東京・東京・2019/4/6(土)・7(日)
[参加費] 36,000円(税込) ※2名以上の同時申込で割引あり
[ご案内] https://holos-brains.jp/personal/kioku/

「伝える」「伝わる」を学ぶ!ホロスブレインズホームページはこちらから

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP