大人になると50分の1になってしまうもの【HB通信vol.001】(後編)

>前編はこちら

子供たちを見ていると、とにかく楽しそうに笑っているなと思うこと、ありませんか?
逆に大人になると、「最近笑ってないな・・・」なんて感じたことのある方もいるのではないでしょうか。

実は、子供と大人では、1日に笑う回数が20倍から50倍違うというデータがあるそうです。

5歳児は一日300~500回、大人は10~15回。

理由は様々だと思いますが、
例えば仕事をしていると笑うより真顔でいることも多いですよね。

更に、日々余裕がなかったり、経験やプライドが邪魔をして笑えなかったり、対面で話すことが減ったことで笑うこともなくなったりしているのではないでしょうか。

笑う・笑わないは、当然ですが【個人の自由】です。笑いたいときに笑う!!というのが一番良いですよね。

けれど、もし笑いによってもっと元気に生きたいなと思われるのであれば、
こんな方法を試してみてはいかがでしょうか。

1) 「笑い」の場に足を運ぶ
プロの笑いを生で見ると、画面で見る以上に笑ってしまうこともあります。
時には落語、喜劇などに足を運び、他の観客といっしょに笑い転げてみるのも良いですね。

2) 面白いこと探しをする
移動中に仕事やSNSなどでスマホの画面を見ている時間が長いと、街で起こる変化やちょっと面白い人やものに気づきづらくなります。
ちょっと気を抜いて、ぼんやり周りを観察してみると、新しい発見があるかもしれません。怖い人だと思われないように、凝視はしないように!

3) 人と会うようにする
メールやLINEで(笑)やwと打っても、打っている人自身は笑っていない・・・というのはよくあること。でも顔を合わせていたら、笑う場面では顔もちろん笑顔ですよね。家族でも仕事仲間でも、好きな相手とFace to Faceで会話することは自然と笑いが生まれるポイントかもしれません。

笑いにより、健康的な生活
そして、笑いと共に学ぶことは、人間らしく人生をより豊かにすることでしょう!

笑いながら学ぶ!ホロスブレインズホームページはこちらから

  1. ホロス37
  2. 廣江さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP