【彼女の親に結婚の許しをスムーズにもらう極意】ゼクシィ2019年2月号 vol.308掲載!

今日は「遠距離恋愛の日」とききました。

1221の数字の並びが、「普段会えない1」と「久々に会えた2」をあらわすそうです。
(少し表現が難しいですが)素敵ですね。
遠距離恋愛をされたことのある方、いらっしゃいますか?

遠距離といっても、期限があるか、どれくらいの期間か、などによって、
耐えられるかどうかも変わってきますよね。

実は先日弊社の代表の伊東が取材を受け、本日その掲載誌が会社に届きました。
遠距離恋愛の末結ばれるカップルも、この雑誌を手に取るのでしょうか?

想像以上に厚みのある雑誌でした。ゼクシィ2019年2月号 vol.308です。
そんな中の「彼専用ゼクシィ」内に小さくコメントさせていただいています。
「ゼクシィ」を見る機会のあった際は少し探してみてくださいませ。

スペースの都合上要約した内容の掲載ですが、
実は伊東からは下記のような文面を出させていただいています。
もし皆さまのお役に立つ部分があれば・・・と思い、載せさせていただきますね。

【彼女の親に結婚の許しをスムーズにもらう極意】

脳科学の見地から効果的なアプローチ方法を伝授します。大きなポイントは2つです。

① 「娘さんと真剣に交際しています!本気で愛しています!だから娘さんと結婚させて下さい!」では弱いです…

なぜ娘さん(彼女)じゃなかったらダメなのか?自身にとっての娘さんの存在価値と娘さんにとっての自身の存在価値を具体的に伝えます。そして、娘さんがいかにご両親の多大な影響を受けて育ってきたという遺伝子と紐付けます。さらには、その最高に価値ある存在を生んで育てたご両親にお会いできたことに対する感謝の気持ちを伝えてあげて下さい。

⇒【脳科学的根拠】

一般的には、ご両親にとって娘さんは宝です。
その宝を育てるためには、多少の苦労も厭わないし、大枚すらはたいてきた訳です。
そんな宝を「愛している」なんて言葉だけで片付けられたらたまったもんじゃありません。
基本的に脳の最終判断基準は「なぜ?」という『理由』や『根拠』が自身の腑に落ちているか?ということです。
従いまして、「愛している」という理由はこちらの理由になり、ご両親サイドの理由としては明確に腑に落ちるレベルではないのです。そこで、宝(娘さん)の存在がいかに価値あるものか?を伝えてあげることは、その宝を育て上げたご両親の存在価値そのものを敬うことにも紐付き、ご両親の脳にとっても根拠ある大きな理由となります。
また、その価値ある存在の宝(娘さん)が、自身の存在も価値として認めていると紐付けてあげることで、より腑に落ちやすくもなるのです。
そして、感謝の気持ちを伝えることで、ご両親の脳内はエンドルフィンという神経伝達物質の分泌が促進されます。
この脳内物質は、ストレス解消や前向きな姿勢を促進させる効果があるので、ぜひお忘れなく!

② 「娘さんを幸せにします!ふたりの結婚を認めて下さい!」ではダメです…

ふたりで力を合わせてどのような家庭を築いていくのか?将来のビジョンを具体的に伝えます。
そして、そのビジョンの中には必ずご両親が大切にしている夫婦関係や家族における価値基準(こだわりなど)と紐付けることが重要です。従いまして、事前に彼女からご両親が最も大切にしている考え(夫婦像や家族像)を確認しておきましょう。

⇒【脳科学的根拠】

脳は歴史的背景やアセチルコリンなどの神経伝達物質の関係から『文字が苦手』です。
苦手というのは、脳からすると文字そのものにインパクトがなく、印象に残りにくいものなのです。
脳にとってのインパクトは『イメージ』です。脳はイメージできないと、その文字情報が理解できず印象に残りません。
そして、印象に残らない文字ばかり並べられると、その情報提供者のことを嫌いになってしまいます。
当然、ご両親に最も良い印象を与えたいシーンでありますので、可能な限り具体的にご両親の脳がイメージできるビジョン(絵)を渡してあげることで印象に残りやすくなるのです。
従いまして、「娘さんを幸せにします!」と言葉を並べるだけではダメなのです。
さらに、ご両親が大切にしている価値基準と紐付けてあげるとより良いイメージが湧きやすく信頼感も増してくるという訳です。

★取材回答は以上です★

脳科学的観点での「親への挨拶」、いかがでしたでしょうか。

「家族」「家庭」の像は人により様々。
その大部分は自分が育った環境や自分が育てた環境が作り上げていたりしますね。
つまり家族になるということは
相手の家族の「考え」を理解してすり合わせていくことから始まるのかもしれません。
それは「彼」だけではなく「彼女」も★

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP