HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

「人の顔と名前が一致しない」お悩みを解決!顔と名前をセットで記憶する両能記憶

「人の顔と名前が一致しない」お悩みを解決!顔と名前をセットで記憶する両能記憶

「顔は覚えてるんだけどな…」久しぶりに会った人の顔を見て、名前が思い出せずに気まずい思いをした経験はありませんか?

営業先のお客様の名前、部署の同僚や上司の名前…社会人になると、「人の顔と名前をセットで覚えておきたい」という場面が数多くあります。

誰だっけ…思い出せない…というストレスを減らしたい方。相手の顔を見たら名前がパッと浮かんでくるようになる記憶の方法、試してみませんか?右脳と左脳、両方を使う両脳記憶の方法をご紹介しましょう。

顔は右脳、名前は左脳が記憶する

記憶は、分野ごとに担当する部位が違います。絵や映像を見て記憶する記憶(言語に頼らない記憶)は右脳、言葉を読み書きしたり話して覚える記憶(言語による記憶)は左脳で行われると言われています。

顔と名前がなかなか一致しないのはなぜなのでしょうか。それは、「顔」は視覚で見た画像を右脳で覚え、「名前」は言葉によって左脳で覚えることに一因があります。人の顔と名前をセットで覚えるには、「右脳と左脳両方」で覚える必要があるのです。

両方の脳を使うには耳を使うのが効果的

日本人が犬とドッグという単語を耳にした時、脳活動を調べてみると同じ言語野が反応していることが分かります。これは同じ犬のイメージを脳内に思い浮かべるからです。

しかし、犬とドッグという単語を口にする際、脳活動を調べると別の部分が反応するそうです。これは英語と日本語とで発する言語が異なるためだとみられます。

つまり、言葉を口に出し、耳で音声として聞いてイメージすると右脳と左脳が同時に反応し効率よく覚えられるのです。勉強をする際も、覚えたい事柄を口に出して録音し、録音した音声を自分で聞いて確認するのが一番効率的だそうです。

イメージを描いたり、あだ名を付けてみよう

では、人の顔と名前をセットで覚えたい場合どうしたらいいのでしょう。そのために大切になるのは、視覚的な右脳と言語的な左脳を一緒に使うことです。

名刺の裏にその人のイメージイラストを描いてみたり、見た目の特徴や似ているタレントをもじったあだ名を付けたり…見た目と言葉をセットでイメージすると忘れづらい記憶になります。

ポイントは、はちゃめちゃでナンセンス、インパクト重視のイメージです。脳は面白かったり、刺激の強い事柄ほど強く記憶します。脳内で人に付けるあだ名は、人前ではとても口に出して言えないようなものがむしろおすすめです。

口にしないと決めていれば、どんなあだ名を付けるのもセーフ…そう割り切って忘れがたいニックネームを付けてみるといいかもしれません。ただし、くれぐれもニックネームが口からパッと飛び出さないように気をつけてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top