HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

脳神経細胞は年齢に関係なく増やせる!年をとっても脳を成長させる方法

脳神経細胞は年齢に関係なく増やせる!年をとっても脳を成長させる方法
脳は年を取ると脳は育たない、脳細胞は目減りしていく一方というのが一般的なイメージでした。その定説がひるがえる研究成果が、近年発表されています。 米コロンビア大学の研究でわかったのは、脳は年齢に関係なく成長し続けるという嬉しい話。どんな研究成果なのでしょうか。

脳細胞は年齢に関係なく成長し続けている

米コロンビア大学で神経生物学を専門とするモーラ・ボルドリーニ准教授が学術誌「セル・ステム・セル」に発表した論文には、事故で急逝した生前健康だった14から79歳の男女28人の海馬を検死した結果が記されています。 従来の神経生物学では、脳の脳細胞(ニューロン)の数は加齢と共に減少し、ある程度の年齢に達すると増えなくなるとされています。 しかし解剖結果では「最年少から最高齢の人、いずれの海馬からもニューロン前駆細胞(後にニューロンになる細胞)や成長途中のニューロンが何千個も見つかった」ということです。 成長途中のニューロンが高齢者の脳(海馬)から発見されたというこの事実は、年を取ったら脳細胞は増えなくなるという従来の説を根底から覆すものであり、「いくつになっても脳細胞は増え続ける」という事実の証拠だとされました。 減る一方だと思っていた脳細胞が、高齢の方の脳内でも増えていた、という事実は嬉しい驚きです。

年齢によって異なった部分

このような結果が出た一方で、脳に張り巡らされた血管の本数やニューロン同士の結びつき(脳内ネットワーク)の数は年齢が高くなるほど少なくなっているという事実も明らかになりました。 つまり、年を取れば取るほど脳に酸素や栄養を送るための血流や血管が衰えてしまい、結果として折角育ったニューロン同士が結びつきにくくなっていると言えます。 逆説的に言えば、脳の血流を改善するための適度な運動、食生活や睡眠などを行えば、脳に血を送る力を高めて認知能力の衰えを防ぐことができるということです。 「もう年だから…」という言い訳?ができなくなるのは、ちょっと困ると感じる方がいるかもしれませんが、希望の方が大きい研究結果です。 推奨されているのは、身体にとっても良いライフスタイル。身体も頭も同時に元気にできるなら、頑張るモチベーションになりますね。 いかがでしたか?我々の脳は年齢と関係なく育ち続けているのに、血流が悪くなることでせっかく増えたニューロンを宝の持ち腐れにしてしまっていた…というのが年で脳が衰えるという説の真相のようです。 ホロスブレインズでは脳を活性化させ、運動とは違うアプローチで内側から血流を高めて記憶力やイメージ力を劇的に改善できる記憶術セミナーを開催中!受講者からは「頭が熱くなる感覚」という感想をいただいています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top