HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

空気を作る

その研修が、成功だったか否か? 企業における研修の評価は、たいていの場合 「受講生が、盛り上がったかどうか」 が、決め手となるようですね。 なるほど。 講師のファシリテーションが問われるんですねー。 (^。^; (↓お洋服は白だけど、紅一点です(^.^  中島講師)
070502.jpg
個々の主観の集合が、評価となるわけです。 だから… 反応の良いところだけ見ては… 表情が死んでいるところを 見ないようにしては… ヾ(`◇')ダメッ! 常にクラス全体を見ないとダメなわけです。 視覚・聴覚をフル稼働させて 受講生の「空気」を感じること、大事なんですね。 一対多。 講師ってタイヘンですね(*´ο`*)=3 でも相手が受け取った量が、 コミュニケーションの成果ですから 空気を読んで、空気を作っていくこと どうしても、必須なんですね~ σ(o^_^o) 空気を読む。 そして空気を作る。 時には空気を壊す(スベル)? ~~-v(* ̄・ ̄)。。o ウケる企業研修の場づくりの達人 『伊東泰司』 講師登壇の8月オープンセミナー 『OJTトレーナー向け研修』 お申込みは今すぐ! ココへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top