HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナー・助成金活用なら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

紫陽花とニンゲン

梅雨に入って、街のあちこちに、紫陽花を見ます。 (紫陽花@オフィスの近く)
120614_0857~01
調べてみたら、紫陽花って 日本が、原産なんですって ( ..)φメモメモ 酸性だと青。 アルカリ性だとピンク。 土壌の酸性度が、花の色の違いを作るそうです。 (#^.^#) この紫陽花は、青くなるようですから なるほど。 この一角の土壌は、酸性なんですねー。 ρ( ̄∇ ̄o) コレ
0613.jpg
紫陽花は、緑→白→青→紫… みたいに 咲きはじめから、散るまで だんだん、色が変化していくから 『七変化』とも、呼ぶんだそうです。 色の違い。 その決め手が、土壌にあって 時間と共に、変化していく… 組織や企業を「土壌」と見たら 「色」は、そこに属する人? 出会いやご縁、次第だったり だんだん成長して変化するもの、だったり 移ろい変わってしまうものだったり。 紫陽花って、ニンゲンみたいですねぇ  ヾ(@°▽°@)ノ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top