HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナー・助成金活用なら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

受け取ってもらう仕事

講師と受講者とのコミュニケーションは 研修後も続くことも、少なくないようです。 『ありがたい便りをもらったので』 社長にして、カリス企業研修講師イトーが、 トレーナーズトレーニング(講師養成の前身) 東京第一期生の方からのお便りを見せてくれました。 (~内容・趣旨を抜粋~)
逕サ蜒・086_convert_20120507115200[1]
伊東先生 こんにちわ。●●です。 今月は新入社員研修講師で、 ハードスケジュールでした。 今年は、受講者とのラポール意識できました。 伊藤先生の研修を受けて、やはり良かったです。 “緩急付ける(一人で突っ走らない)技”も ちゃんと頑張ってます。 セミナーおかげで、研修講師としての 立場だけじゃなくて、組織の中での あり方なんなども、改善できました。 ありがとうございました。 [写真提供:カピバラ@おでかけKMさん] 『気づきと学び』 見えないものを、受け取ってもらえるように 伝えてることは、簡単なことではないですが 「学べた」人には、人生が変わるくらい 講影響力が、講師にはあるんですね。
逕サ蜒・089_convert_20120507115104[1]
←HBスタッフKMさん撮影のカピバラ。 「お尻をふさふさ、揺すっても  ずーっと、寝てるんですよぉ」 「ようやく起きても“何?何か用”  って表情するんですよ。  それが、かわいぃぃぃ~~んですぅ♪」 プログラム、提案書、資料づくり…。 日頃、頭悩を使いまくって、 体重が減るほど、制作物に 忙殺されている、スタッフKMさん。 GWの癒しは、動物とのふれあいの コミュニケーションだったようです。 Eduさん言うところの『カピバラ?世界一大きいネズミ』 こうみえて、泳ぎが得意(らしい) たしかに可愛い…(●^o^●) でも、ウィキペディアで調べてみたら カピバラって、食べるんですってよ!? まぢ?!(@_@;)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top