HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナー・助成金活用なら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

また会いたいと感じる

5月2日。 連休の狭間のせいか、街もオフィスも静かでしたが… 月末月初の処理に追われるStuさん。 山盛りの提案書やプログラムに挑むKMさん。 そして脳みそを振り絞って、ネタを仕込むこきち 研修部スタッフの一部は、通常営業モードでした(^u^;) (Stuさんが本日おひるに買ってきたお弁当)
050202.jpg
Stuさんは、お買いものをする際にいつも 「ありがとう」 とレジの人に、感謝の言葉を口にするんだそうです。 (さすが!人格者のStuさん(*^^*♪) 相手の反応は様々だそうですが たいていの場合は、形式的な 「ありがとうございました」 言葉が返ってくることが、ほとんどだそう。 「こきちさん、こきちさん。  聞いてくださいよ!!  このお弁当を、レジで手渡してくれた店員さん  私の「ありがとう」って、言葉に対して  『こちらこそ。ありがとうございました』  って笑顔で、言ってくれたんですよぉぉぉ♪」 「白い歯がメチャメチャ眩しくて  『写真を撮っても良いですか?』  と聞きたくなりましたよぉ♪」  (^O^)/ ←喜ぶStuさんのポーズ  |(^_^)/  (@^^)/~~~  ↑Stuさんの喜びに共感するKMさんとこきち それはそれは、爽やかで、気持ちの良い接客だったんですって。 「そりゃぁ需要と供給の大前提はあるけど  私的には、欲しいものを手に入ったのだから  相手に『ありがとう』を、言葉にするんです。」 「あの店員さんがいるだけで、私また  あのお店に行きたい、と、思ってしまいました♪」 自分に対する、相手の言葉や態度に、 自分の気持ちを受け取ってくれた感があったから 「あの人に、また会いたい」 とStuさんは思ったんでしょうね。 でも。 見方を変えたら、その店員さんだって 「ありがとう」って、言ってもらえて 「こんなお客さんに、また会いたい」 って感じたから、言葉が出てきたんじゃないかな? お弁当を買う…そんなごく日常にも、 コミュニケーションの機微を 感じられるのが、Stuさんの人となりですね(^O^)/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top