HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナー・助成金活用なら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

しゃべりすぎないという質問の力

パートナー企業のサイコム・ブレインズ株式会社の内藤氏と、 伊東@企業研修講師、研修レクチャーを拝見しました。 まずは、前回の研修のフィードバックから。
0427.jpg
「流れはどうでしたか?」 「ねらいどおりですね」 「タッチは良いと思いますよ」 講師が、研修を思い出して、自分自身に フィードバックができるように また担当としては、講師・プログラムの 出来を確認できるように、 『質問』『答え』を繰りかえして 順々にチェックしていきます。 キーワードは『しゃべりすぎない』 投げかける言葉は、簡潔に、的確に。 相手が、考えを整理できる「間(ま)」を邪魔しない。 「デキる営業は、質問力が違う」 「カリスマ講師は、質問力がスゴイ」 と聞いてはいましたが、実際に目の当たりにすると こきち的にも、なるほどぉぉぉ!! 内発的な気づきが、炸裂しました。 (@_@) 続いて、次の研修のレクチャーへ。 今度は講師イトーから、質問が次々と出てきます。 「これは?」 「そこに焦点を当てると、受講者に伝わりやすい」 「ここはデモを見せた方がよいですかね?」
041203.jpeg
台詞、アクション、落としどころ 配布物や小道具が、受講者にとって どう意識付けになるのか? 依頼の企業様の意図(要望) 受講者のキャラクター像や 全体のクラスのレベル感 研修までの学習素材の確認。 なるほど、なるほど…  ( ..)φメモメモ 企業と講師を繋ぐ『担当』 プログラムと受講者を繋ぐ『講師』が 受講者の反応を想定しながら、 進行表とプログラムを細かく検証。 成果を生むコミュニケーション。 質の良い会話は、たぶん 「しゃべりすぎないという質問の力」 が欠かせないのですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top