HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

つまむ

きのう東川講師への『講師レクチャー』を 盗み見させて頂きました(^O^)/
0312higasikawa.jpeg
弊社の講師レクチャーとは、企業の求める 研修の目的に沿う学びを、 いかに受講者に提供できるか、 プログラムを中心に、細かく確認する場です。 企業のご担当 → 受講者→ 講師を繋いでいく「営業」と 講師 → 受講者・企業のご担当を結ぶ「制作」とが、 受講者が主役学びの場を いかに講師が再現できるか、 研修のリハーサルの場でもあります。 講師のみなさん、宜しいですか?? デキる講師は、ここが違うんです! ここポイントですよ~!   ^m^            <by伊東@カリスマ講師> 企業からリピートのかかる講師は… どうしたら、受講者に、学びを受け取って貰えるか プログラムに対して、納得するまで、質問するそうです。 なるほどぉぉぉぉ… 東川講師の言葉をメモっていると、唸りがでますねー。
0405.jpeg
「ブレスト(話し合い)させて、出てくる意見を  ブリッジ(話の繋ぎ)にして、徐々に  本題に近づけていく感じですかね?」 「ここで表現したいのは、このテーマで良いんですか?」 「今、どこを学んでいるかが、常に受講者にわかるような  仕掛けがあると、もっと良くないですか?」 「僕が課長役をやって、受講者に落としていく…  なんていうシーンが浮かんでくるんですけど  ちょっと時間がタイトかなぁ?」 (↑KMさんんがつまんでいるのは、らっきょうです) 受講者の気持ちを、摘むためにも 「できる」を受講者に、持ち帰ってもらうためにも 講師たるもの、摘んで(質問して)摘んで、摘んで プログラムの意図を摘んでいくです…    <by 伊東@カリスマ講師> 伊東講師をして 「HBの戦力強化には、第二の東川講師を探すしかない!」 という、HBの快刀乱麻講師ぶり(みなもと)は、 この 「どんな時も」 「受講者目線」を 「絶対に忘れない」 という、ところにあるんでしょうねー。 東川勝哉 講師様 これからもHBの懐刀として、よろしくお願いします(^_-)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top