HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

デキル講師の技5:収穫時した時に種を蒔く

皆さんのディスカッションに加わる形で 時々、カリスマ講師のスキルが伝授されます。 (以下、講師@伊東)
KY021105.jpeg
研修を終えた講師が、受講者からのフィードバックで 「この研修で、学べました!」 「収穫できました!」 「成果がでました!」 という感想を頂けることは勿論、嬉しいことなのですが、 それだけで終わっては、ダメです。 講師としては、受講者の結果・収穫の根拠・理由 を細かく追っていくことは、欠かせません。
KY021106.jpeg
「なぜ上手くいったのか?」 「上手くいかなかったのか?」 「なぜ(理由)?」 『Why』を洗い出してしていくことで 「どうやったら、上手くいったのか」 「何をしたら、上手くいかなかったのか?」 という”気づき”が炙り出され そこから「どうやれば上手くいくのか」 方法や課題の『How』が登場します。 こんな風に科学していくと、WhyとHowは、 裏返しで存在することも分かってきますね。 ただし 「なぜ上手く行かなかったのか?」 ばかりを追求してしまうと 受講者からは、言い訳が出てきてしまいますし 「●●だから、ダメだった」 反省材料ばかりを促す流れになると、 受講者のモチベーションが下がってしまいます。 「◎◎したら、もう少し良くなるんじゃないか」 あくまで、成長材料を促すポジティブな 気づきを促すことが大事です。 「できた!」「わかった!」 結果を、その受講者の感覚だけのモノで終わらせず、 根拠や理由を、明確にして、 さらなる成長に繋がる課題方向に導く。 ココが、講師の腕の見せ所。 『伝えたいことを、受講者に受け取ってもらう』 ための、講師力の技術の一つというわけです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top