HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

デキル講師の技4:そのラポール、確実ですか?

ところで、では、苦手じゃないと思っている人とは、 必ずしっかりラポールが築けているものでしょうか? ノン、ノン。by講師@伊東 「こちらは苦手じゃないと思っていても、どこか親密な感じがしない人」 なんとなく他の人に対するものと、態度が違っているような気がする。 会話や雰囲気がしっくりこない、なんとなく居心地が良くない。 という場合は、自分が相手に対して、そう思っていなくても 相手が自分を苦手だと思っている可能性がありますね。 ラポールの勘違い、というケースですね。 人は違和感があると、苦手意識が生まれます。 苦手を放置しているうちは、ラポールは築けません。 確実なラポールを求めて、自分と相手の心の状態を捉えるため 事実と評価を分けて、どんどん掘りさげていきましょう。 その人の気持ちや、その時の状態。 相手のタイミングやテンポを「待って」 あげることも、大事です。 斬り捨ててしまうか? 適当にお茶を濁すか? 苦手な人、手におえない相手と、どう関わろうとするか? この覚悟と使命感、講師の質の分かれ目ですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top