HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

デキル講師の技1: 苦手な人に対する手始めは、なんぞや?

「苦手な人は”こいつダメな奴だなーと思う人”」 それに対するスタンス。 「ダメだなぁと思わないようにする」 道徳の授業や、人間関係の指南本で言われそうです。 しかし“言い聞かす”は、負の感情を閉じ込めることで かえって感情を増幅させるから、効果的とは言えません。 ではでは。 デキル講師は、そこで何をするのか?! 講師@伊東 の登場です。 スナップショット 1 (2012-01-17 12-33) 「自分はあの人を、ダメだと思っているんだ」 まずは、その自分の感情を否定せず、認めてあげましょう。 自分の感情を認めることで、負のエネルギーは沈静、解放できるので、 自分の気持ちをフラットな位置に戻せ、落ち着いた気分(状態)で 「自分としてはダメと思うけど。」 「で?何が(何を)ダメ、だと思うのかね?」 という次の展開に進めるんですね。 「なんでだろー、なんでだろー ?」 自分の感情、漠然とした主観から 「それはなぜ?」「なぜなら」 客観性に向かう準備ができるんですね(^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top