HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナーなら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

ナゼ研修は盛り上がるのか?

こんにちは。南です。 先日、某メーカー様の研修に講師のサポーターとして参加致しました。 この研修ではグループワーク、ロールプレイが中心で、 内容的には非常に厳しいものでした。 しかし、こうしたハードな内容にもかかわらず、研修は盛り上がり、 受講者の方々からは、 「あっという間の研修でした。全く退屈しませんでした! やはり参加型の研修は楽しいですね」 などのお声を頂くことが出来ました。 今回の研修の様に内容の厳しさに関わらず、満足度の高い研修はたくさんあります。 この理由を説明する理論として、チクセントミハイによるフロー理論があります。 これは取り組んでいる内容の意義や厳しさとは関係なく、取り組んでいる内容自体に楽しみを見出し、没頭する状態があり、このような状態をフロー状態と言うそうです。 今回の研修もしかしたらそのような状態であったかも知れません。 ただ、研修が盛り上がることはとても嬉しいことですが、 その後の現場での活用、モチベーションの継続がなければ元も子もありません。 「研修では盛り上がったけど、結局、研修の中で立てた目標は達成されなかった…」 というケースは良くあります。 そういった課題を解決すべく、 現在、当社では「1万倍の仕事術」の著者であり、 当社所属トレーナーである大坪勇二講師に ご協力を頂きながら、OJTツール活用プログラムに取り組んでおります。 また皆様のお目にかかればと思いますので、 どうぞ宜しくお願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top