HOLOS-BRAINS公式サイト

研修・セミナー・助成金活用なら ホロスブレインズ

電話でのお問合せはこちら

営業日記 その8

どうも、山本です。 本日は久しぶりに、一日オフィスに籠って企画書・提案書・プログラム作成と、 クリエイティブなお仕事に従事しております。 いろいろと考えることが多い中で、 育成担当者の方や、研修を受ける受講者の方、 はたまた競合の担当者の方などの心情を考えていくと‥‥ 改めて自分の価値観を見直す機会にもなります。 (仕事もしてますよー) 以前、弊社の社長に『価値観』について教えてもらったことがあり、 それは、社内会議で意見がまとまらなかった時だったのですが、 非常に良い気付きを得た機会でした。 人はそれぞれ、自分の価値観に沿って生きており、仕事も同じ‥‥ 全く同じ価値観というものは当然なく、100人いれば100通りの価値観がある中で それぞれが「自分が一番正しい!」 と思って行動しているということなのですが‥‥ その時教えて頂いたのが、 「じゃあ、誰が間違ってて、誰が正しいのか」 ということに、実はそもそも答えなんかはない! ということでした。 コミュニケーションを教える会社としては、 そんな価値観の違う中を どのように双方、もしくは全体で理解し、良いところを見つけ 協調していくか。 誰しも未来は見えない中で、協調しながら成長し、 フィードバックを活かして方向修正しながら、 目標に突き進んでいく。 理想論かもしれませんが、 そんなことを目指しています。 昔のあった刑事ドラマではないですが、『事件は会議室でおきてるんじゃーない!』 『現場に答えがあるんだー!』 と信じ、トライ&エラーにフィードバックも付け加え、 私もますます大きく成長したいものです。(体ではないですよ) 今回は大したオチもないですが、 あるご提案書をつくっていた時に ふと、頭の中に浮かんできたのが‥‥ しあわせは~歩いてこない だ~から歩いていくんだね~ というあのフレーズでした。 (若い方はご存じないかもしれませんが…) 待っていて何か変わることを、首をながーく待っているよりも、 自分から何か行動をしていろんな事を体験し、 それを成長につなげていけば、未来の選択肢は ひょっとしたら、増えているのかもしれませんね。 (たまにはオチなしでご容赦下さい)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

HOLOS-BRAINS

会社概要
採用情報
セミナー・研修
良くある質問
Return Top