建築業は断然有利!労働環境を改善し人手不足を解消する助成金&研修(京都説明会5月14日)

こんにちは。突然ですが、「助成金制度」をご存じでしょうか?国(厚生労働省)から、頑張っている企業、将来育っていきそうな企業にお金が出る制度です。

弊社では、助成金のプロフェッショナル集団とタッグを組み、
普段社員研修などを受ける機会の少ない中小企業様にも社員教育の場を提供したいと、
助成金を活用した社員研修の事業を推進しております。

5月14日京都にて、説明会を開催。
平成30年度の助成金の情報をお届けしました。

説明会前半は「研修」についてのパフォーマンスを、
説明会後半は「助成金」についての説明を行います。

その中で、建築業をされている企業様から、
助成金のシミュレーションと研修のご相談をいただきました。

実は、今年度の助成金は特に・・・
人手不足も叫ばれる「建築業界」に手厚くなっています。

2015年度から、
医療・介護、建築業の分野は
オリンピック需要があったり、高齢社会である状況で、
重要な分野とされているからなんです。
「人を雇い入れる」&「人を育てる」ことを積極的に行うことが一つのポイントです!

就業規則がない・・・
賃金台帳がない・・・
保険の整備が出来ていない・・・
貴重な人手は、より環境の良い職場へ移ってしまうことも考えられますので、
しっかり体制を作って人手不足を解消しましょう!

(なんと、就業規則を社労士さんなどに依頼した場合、
その費用に対する助成金もあったりするのです!)


建築業を営んでいらっしゃる経営者さま、
せっかくだから助成金で人手不足を解消しませんか?

助成金を活用して会社の基盤を整えれば、
オリンピックバブルが落ち着いた後も
長く続く会社にすることができますよ!

助成金を活用した社員研修はこちら>

 

  1. めがね

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP